八戸のコロナ感染者、40、50代の割合増 市長「引き続き対策を」

八戸市の新型コロナウイルス感染状況
八戸市の新型コロナウイルス感染状況
八戸市内で新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向にあるのを受け、熊谷雄一市長は5日、市民に「状況をさらに悪化させないためにも、基本的な対策の継続をお願いしたい」と呼び掛けた。クラスター(感染者集団)の多発に伴い多くの濃厚接触者を検査して.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録