日頃の訓練成果競う 消防救助技術青森県大会

ロープブリッジ救出訓練でロープを渡る八戸消防本部の貝守宏介消防士
ロープブリッジ救出訓練でロープを渡る八戸消防本部の貝守宏介消防士
青森県消防長会(佐藤芳之会長)は6月30日、青森市の県消防学校で、第50回消防救助技術県大会を開いた。県内11消防本部から選抜された計260人の隊員が、日頃の訓練の成果を競い合った。 同22日に先行実施した障害突破種目を含め、高所への進入を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録