ゲーム感覚で盗撮、薄い罪悪感 「依存症」と指摘も/アスリート性的画像問題

 盗撮加害者のカウンセリングで再発防止プログラムを指導する臨床心理士の中村大輔氏=6月、神戸市
 盗撮加害者のカウンセリングで再発防止プログラムを指導する臨床心理士の中村大輔氏=6月、神戸市
警察庁によると、盗撮事犯の検挙件数は2021年に5019件に達し、10年の約3倍に増えた。スマートフォンの普及が要因の一つで、取材に応じた加害者はゲーム感覚や罪悪感の薄さを動機として挙げる。アスリートが性的な意図で隠し撮りされる問題について.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録