迫る濁流、父「もうよか」 残る無念さ、再建に奮闘/20年九州豪雨

 熊本県人吉市で開かれた追悼式で、献花する永尾禎規さん(左)ら=3日午前
 熊本県人吉市で開かれた追悼式で、献花する永尾禎規さん(左)ら=3日午前
熊本県人吉市で漬物店を営む永尾禎規さん(58)は、2020年7月の豪雨で父の誠さん=当時(88)=を亡くした。店の先代で仕事に厳しかった父。氾濫した球磨川の水が迫る中、背負って逃げようとしたがかなわず「無念さが今も残る」。現在は仮設住宅に身.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録