【ウクライナ侵攻】交戦、来年まで継続も 安全保障論専門家が分析

 ロシア高等経済学院欧州国際問題研究センター所長のワシリー・カーシン氏(共同)
 ロシア高等経済学院欧州国際問題研究センター所長のワシリー・カーシン氏(共同)
ウクライナでのロシアの軍事作戦は過去30年に世界で初めて起きた、ほぼ対等な敵同士の戦争だ。ロシアが優位に立っているが、戦闘はまだ何カ月も、年末か来年初めまで続く可能性がある。 現段階ではウクライナ軍側の人的損害はロシアよりはるかに多く、ロシ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録