AIロボでiPS培養 熟練の技、期間3分の1に

 人工知能(AI)を搭載した人型実験ロボット「まほろ」。iPS細胞を培養し、効率的に目の網膜の細胞へ変化させることに成功した=6月、神戸市
 人工知能(AI)を搭載した人型実験ロボット「まほろ」。iPS細胞を培養し、効率的に目の網膜の細胞へ変化させることに成功した=6月、神戸市
理化学研究所などのチームは3日までに、人工知能(AI)を搭載した人型ロボットで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を培養し、効率的に目の網膜の細胞へ変化させることに成功した。培養に最適な条件を探し出すのに熟練技術者でも1年ほどかかっていたが、3.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録