遺族補助決めたばかり 熱海市、一転被告に/大規模土石流1年

大規模土石流の犠牲者遺族らから提訴される見通しとなった静岡県熱海市は、遺族らによる別訴訟に「補助参加人」の立場で参加すると決めたばかりだった。崩落の起点となった土地の現旧所有者らに対する過去の行政対応を明らかにすることで、原告の主張を補強す.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録