【県南50歳野球】沼周、八戸勢対決制す

八戸勢対決となった決勝は、序盤から打線がつながった沼周はやて倶楽部が12年ぶりの栄冠を手にした。小笠原努監督は「選手全員が次の打者につなげる意識を持ってプレーできた」と喜んだ。 五回まで毎回得点の計13点を奪い、一方的な展開に持ち込んだ。投.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録