【県南中学野球】下長、サヨナラ機逃す

【準決勝・百石―下長】7回下長1死二、三塁、左中間に適時二塁打を放ち、一塁を回る小林慶生。1―1の同点となった
【準決勝・百石―下長】7回下長1死二、三塁、左中間に適時二塁打を放ち、一塁を回る小林慶生。1―1の同点となった
下長は1点を追う七回1死二、三塁と一打サヨナラの場面をつくった。打席に立った小林慶生は左中間に長打性の当たりを放ち、三走は悠々生還。ただ、二走は打球判断を誤ってスタートが遅れ、三塁止まり。そのまま延長に突入し、勝利を逃した。 当時三塁コーチ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録