児童が体験、エコツーリズム 奥入瀬渓流などで教育ツアー

トンネルの避難坑を見学する児童
青森県は本年度、奥入瀬(青橅=あおぶな=山)バイパス完成後の将来的な「歩く奥入瀬」の実現を見据え、十和田市内の小中学校を対象に奥入瀬・十和田湖環境教育ツアーを実施している。エコツーリズムへの理解を深めてもらうことなどが狙い。1日は市立四和小.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録