「農福連携」で担い手確保 障害者就労支援施設でジュノハート選果/三戸

ジュノハートのサイズ分けをする施設利用者。大粒の実を丁寧に選別していった
ジュノハートのサイズ分けをする施設利用者。大粒の実を丁寧に選別していった
三戸町の障害者就労支援施設「あるふぁNEXT」で6月29日、サクランボの青森県独自品種「ジュノハート」のサイズ分け作業が行われた。農作業の新たな担い手を確保する「農福連携」の取り組みで、町内のサクランボ農家、山田仁志さん(54)が依頼。まだ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録