【参院選】「政治に問う 青森の有権者は今」 揺れる基地との「共存共栄」

騒音に悩む日々。小泉愃司さんは国に早期の移転補償を求める=6月中旬、三沢市
騒音に悩む日々。小泉愃司さんは国に早期の移転補償を求める=6月中旬、三沢市
6月上旬、三沢市の夜の街は、新型コロナウイルスの感染拡大で失われた活気が戻り始めていた。 2~3人のグループから10人以上の大人数まで。米軍三沢基地関係者とみられる米国人の姿も多い。英語が飛び交い、「基地の街」ならではの光景が広がる。 繁華.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録