【参院選】猛暑の決戦、政権焦がす 電力にリスク、原発も争点

 強い日差しの中、街頭演説に耳を傾ける人たち=1日午後、北九州市
 強い日差しの中、街頭演説に耳を傾ける人たち=1日午後、北九州市
選挙さなかの記録的猛暑が岸田政権の焦りを生んでいる。電力需給の綱渡り状態が続き、政府は1日、全国規模では7年ぶりとなる節電期間に入った。電力トラブルが起きた場合の政権批判リスクを警戒する。野党は政府のエネルギー政策をただす。原発政策も参院選.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録