Free11~18日交通規制 折爪岳のヒメボタル観賞

ヒメボタル観賞交通規制図
ヒメボタル観賞交通規制図

二戸市、軽米町、九戸村にまたがる折爪岳(標高852メートル)で、ヒメボタルの光が見頃を迎える11~18日、山頂周辺で夜間の交通規制が行われる。車での乗り入れは2日前までの申し込みが必要で、1日から受け付ける。

 交通規制は、岩手県の天然記念物に指定された「折爪岳のヒメボタル生息地」の繁殖環境を守ることが目的。3市町村でつくる折爪岳振興協議会(会長・藤原淳二戸市長)が、昨年に引き続き実施する。

 同市側の日ノ沢登山道入り口付近と、同村側のコロポックルランド付近に規制位置を設ける。この区間内で午後6~9時に乗り入れる車両台数を制限する。

 申し込み、問い合わせは協議会のホームページ(アドレスhttps://oritsumedake.com)から行う。予約後に受け付け完了のメールが届く。訪れた当日に規制位置(または区間内の駐車場入り口)で、スマートフォンなどでこのメールを受信した画面か印刷した紙を、案内スタッフに見せる。

 駐車場は折爪岳オートキャンプ場(同市側)か錫杖(しゃくじょう)の泉(同村側)で、車やタクシーで乗り入れ可能な時間は午後6~8時。なお、カメラマンや長時間の滞在希望者向けの駐車場、乗り入れ時間は別途設ける。

 協議会事務局の担当者は「観賞時にはスマホやライトで照らさないようマナーを守り、自然の暗闇の中でヒメボタルの光を楽しんでほしい」と呼びかける。

お気に入り登録