ブラックホール撮影に異論 「解析手法に誤り」

国際チームが2019年にM87銀河のブラックホールと発表した画像(国立天文台などの国際チーム提供)
国際チームが2019年にM87銀河のブラックホールと発表した画像(国立天文台などの国際チーム提供)
2019年に日本などの国際チームが撮影に初めて成功したと発表したM87銀河の巨大ブラックホールの画像を巡り、データの解析手法には誤りがあり、撮影は成功していないとの見解を、国立天文台の三好真助教(電波天文学)らが30日、記者会見して発表した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録