コロナ禍踏まえて実効性を 受動喫煙防止条例へ青森県が検討会

青森県は30日、青森市で受動喫煙防止対策の条例制定に向けた検討会を開き、県内の対策状況の調査結果を報告した。医療関係や飲食業、宿泊業など各分野の委員からは、コロナ禍を踏まえた実効性のある内容を求める声などが上がった。 本年度初の検討会となっ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録