10万枚「お宝」なお眠る? 植物標本使用の牧野新聞

 牧野富太郎が植物標本に使用した「牧野新聞」
 牧野富太郎が植物標本に使用した「牧野新聞」
日本の植物分類学の父と呼ばれる牧野富太郎(1862~1957年)は40万点もの植物標本を残した。その副産物が標本に使った新聞紙だ。出身の高知を除く46都道府県や朝鮮などで発行された希少紙面が多く確認され、既に目録化されている。ところがここ数.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録