国立公園内の設置見直しへ/みちのく風力発電事業

ユーラスエナジーホールディングス(東京)は29日、青森市や十和田市などで計画する「(仮称)みちのく風力発電事業」について、当初予定していた十和田八幡平国立公園内への風力発電機設置を見直す方針を明らかにした。 計画中止を求める青森市の市民団体.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録