北欧2国、NATO加盟へ 反対トルコ一転容認

 28日、覚書の署名式に出席した(後列左から)ストルテンベルグNATO事務総長、トルコのエルドアン大統領、フィンランドのニーニスト大統領、スウェーデンのアンデション首相。前列は3カ国外相=スペイン・マドリード(AP=共同)
 28日、覚書の署名式に出席した(後列左から)ストルテンベルグNATO事務総長、トルコのエルドアン大統領、フィンランドのニーニスト大統領、スウェーデンのアンデション首相。前列は3カ国外相=スペイン・マドリード(AP=共同)
【マドリード共同】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は28日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて北欧のフィンランドとスウェーデンが申請していた加盟を、トルコが容認することで2国と合意したと明らかにした。安全保障上の懸念を理由.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録