「ミニ腸」に免疫機能付与 弘前大グループ、世界初の成果

弘前大は28日までに、同大大学院医学研究科消化器外科学講座の袴田健一教授らによる研究グループが、小腸の立体ミニチュア臓器モデル「ミニ腸」に、世界で初めて免疫機能を付与することに成功したと発表した。人間の腸内環境に近づき、小腸の病気の原因特定.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録