増額要求の声高まる 非正規労働者ら、生活不安/最低賃金協議

 最低賃金を巡る最近の発言
 最低賃金を巡る最近の発言
2022年度の最低賃金(最賃)額の議論が始まった。新型コロナウイルス感染の影響を大きく受けた過去2年から環境は一変。円安やウクライナ情勢を背景に物価高騰が急速に進んだ。非正規労働者らには生活不安が募り、増額を求める声が一層高まっている。 ▽.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録