Free【猿楽の旅音日記】④市民の森

きれいな芝生を歩きながら、心身をリフレッシュできる市民の森(楽曲のMVより)
きれいな芝生を歩きながら、心身をリフレッシュできる市民の森(楽曲のMVより)

二戸市の新しい温泉施設「カダルテラス金田一」などがある金田一温泉郷から、北東へ道を上がっていくと、癒やしスポットの「市民の森」がある。現実世界から少し離れ、緑豊かな風景に身を委ねる。

 まるで絵はがきのような、美しい光景だ。森にこだまする鳥の鳴き声、心地よい風の音。木々が優しく揺れ、何かささやいているように聞こえてくる。

 ここは森の中に広がる、“遊びの王国”。ローラー滑り台や、ターザンロープなどのアスレチック遊具が並ぶ。大人になった今では、なかなか遊ぶ機会もなくなったが、そこにあるだけで楽しい気分になる。

 広々とした敷地の中には、「野外音楽堂」というステージもある。初めて二戸にやって来た時に見て、この場所でイベントを開いてみたいと思った。

 ステージ前には、緩やかな傾斜のきれいな芝生が広がっている。のんびりと寝そべり、ビールを片手に心地よい音楽を楽しめたら、なんてすてきだろう。

 イメージは音楽となり、頭の中で響き始める。マーチングの軽やかなリズムに、フルートのメロディーが乗っかり、ピアノが彩り、ベースが支える。まるで会話をするように、楽器たちがハーモニーを奏でる。

 子どもから大人まで楽しめる、ワクワクするような遊び空間。いつの日か、ここが多くの人たちでにぎわう光景を思い浮かべながら、曲を作った。(猿楽)

 ※毎月第2、4火曜掲載。タイトル曲などのミュージックビデオ(MV)は、猿楽さんのサイト「にのへの旅音」で順次公開する。

 【市民の森】自然を満喫できるアウトドアスポット。梅や栗、ツツジなど季節ごとに植物を楽しめる園地や、子どもが遊べるアスレチックがあり、キャンプも可能だ。頂上の展望台からは周辺の山々を眺められる。

お気に入り登録