【ウクライナ侵攻】断たれた穀物生命線 価格高騰の対応迫られる日本

 破壊されたウクライナ東部ドネツク州の穀物倉庫=5月(ロイター=共同)
 破壊されたウクライナ東部ドネツク州の穀物倉庫=5月(ロイター=共同)
穀物価格が高騰している。世界有数の穀倉地帯であるウクライナがロシアに侵攻され、輸出の生命線が断たれたためだ。日米欧の先進7カ国(G7)は食料安全保障の強化に乗り出すが、新型コロナウイルス禍からの世界経済回復に伴う需要増と相まって、食料危機が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録