タマネギの糖質分解、謎解明 弘前大など酵素遺伝子特定

弘前大学は27日、タマネギの糖質分解に関わる酵素の遺伝子を、北海道大、酪農学園大との共同研究により、特定したと発表した。遺伝子は、フルクタンというタマネギの食用部分に蓄えられている炭水化物を分解するもの。今後、研究結果を生かし、タマネギの安.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録