【ウクライナ侵攻】対ロ融和「私は謝らない」 責任論に独メルケル氏

 ロシアのプーチン大統領(左)から花束を受け取るドイツのメルケル首相=2021年8月、モスクワ(ドイツ政府提供・ゲッティ=共同)
 ロシアのプーチン大統領(左)から花束を受け取るドイツのメルケル首相=2021年8月、モスクワ(ドイツ政府提供・ゲッティ=共同)
ロシアによるウクライナ侵攻を巡り、対ロ融和政策を進めたドイツのメルケル前首相の責任を問う声が高まっている。「外交はうまくいかなかったからといって間違いではない。だから私は謝らない」。16年間の在任中、ロシアのプーチン大統領と会談を重ねたメル.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録