専門家「抽出の理由ない」/ふげん燃料プルトニウム譲渡

 ふげん燃料のプルトニウム譲渡の背景
 ふげん燃料のプルトニウム譲渡の背景
日本原子力研究開発機構は、新型転換炉ふげんの使用済み核燃料を再処理し、抽出したプルトニウムをフランスへ譲渡すると決めた。機構の原子炉で使用できる量が限られ、保有量を抑制するために譲渡する。専門家は「プルトニウムを抽出する理由が全くない。原発.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録