【八高専生自殺未遂訴訟】「判決の内容に疑問」 控訴の学校側が説明

八戸高専に在学中だった2017年6月、自殺未遂に至ったのは、知人の父親や学校側に問題があったとして、下半身不随となった20代の元男子学生が同校を運営する国立高専機構と知人の父親らに損害賠償を求めた訴訟で、青森地裁判決を不服として控訴した同機.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録