【ウクライナ侵攻】ロ、最低限の目標届かず 軍に動揺、国内支持は堅調

 ロシア軍の動揺(写真はタス)
 ロシア軍の動揺(写真はタス)
ロシアがウクライナに攻め入ってから4カ月。ロシア軍は東部ドンバス地域の制圧という最低限の目標にも届かず、高官解任や兵士の参戦拒否が相次ぐなど軍内部の動揺が漏れ伝わる。一方、厳しい情報統制下の国内で侵攻は「軍事作戦」とされ、国民の支持は堅調だ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録