【参院選】減る投票所、対策模索 有権者減や災害対応で

 路線バスを借り上げて行われた「移動期日前投票所」の様子=2021年10月、佐賀市(一部画像処理しています)
 路線バスを借り上げて行われた「移動期日前投票所」の様子=2021年10月、佐賀市(一部画像処理しています)
人口減や市町村合併による再編などを背景に、全国の投票所が減っている。参院選は2001年の5万3439カ所がピークで、19年は4万7033カ所に。参院選は大雨シーズンにあたる7月実施が多く、九州では災害を警戒し、投票所を統廃合した自治体もある.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録