時評(6月23日)

円相場の下落が続いている。ドルに対して約3カ月間で20円ほど値下がりした。日米の金利差から金利上昇が続く米国に資金が流れているためだ。米国や欧州の中央銀行が相次いで利上げに動く中、日銀は先週開いた金融政策決定会合で金融緩和策の継続を決めたた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録