【参院選公示】物価高・経済軸に論戦 9党首の第一声分析

 各党党首の第一声分析
 各党党首の第一声分析
参院選が公示された22日の9党首の第一声を分析した。与野党は物価高や経済対策を軸に論戦をスタート。安全保障や憲法改正では、岸田文雄首相(自民党総裁)はあまり時間を割かず、共産、社民両党による訴えが目立った。多くの党首が、第一声の演説を行った.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録