平和願う折り鶴、スニーカーに 広島のメーカー再利用

 折り鶴を再利用したスニーカー「SPM―1005」
 折り鶴を再利用したスニーカー「SPM―1005」
広島市の平和記念公園には、国内外から平和を願って大量の折り鶴が届けられる。保管する市は毎年、展示やリサイクルを希望する市民や団体に譲渡している。広島県府中市の靴メーカー「スピングルカンパニー」は5月、折り鶴を再利用したスニーカー「SPM―1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録