避難ルートや手順確認 八戸中央高、住民と合同防災訓練

4階までの避難ルートを確認する地域住民
4階までの避難ルートを確認する地域住民
八戸中央高(吉田繁徳校長)は11日、同校で地域住民と連携した合同防災訓練を初めて行い、参加者約300人が万が一の際の避難ルートや手順を確認した。 同校校舎は津波が発生した時、地理的条件で避難が難しい場合などに一時避難場所として利用できる「津.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録