青森きくらげ出荷量30トン 前年比3倍、7月から本格販売

青森県は21日、ブランド化に取り組む「青森きくらげ」について、生産者の増加で今年の出荷量が約30トンと前年比3倍になる見通しを示した。7月上旬から本格出荷となり、県内のスーパーや道の駅のほか、首都圏の百貨店などで販売。レシピ紹介や試食販売な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録