Free【あの日の紙面】1980(昭和55)年6月2日

あの日の紙面

初の衆参同日選挙の前哨戦として全国的に注目を集めた、参議院議員青森地方補欠選挙で、自民党公認の新人松尾官平氏が初当選を飾った。

 選挙期間中には衆議院のハプニング解散があった。記事では、自民党の“党営選挙”も浮き足だったが、開票から1時間足らずで松尾氏が当確を決め、強さを見せつけたとしている。投開票日は好天だったにもかかわらず、低投票率だったとも報じている。

 後日行われた衆参同日選中に大平正芳首相が急死。「弔い選挙」となり、自民党が大勝した。 

お気に入り登録