パワハラで自殺、労災認定 遺族、八戸の住宅建築会社を提訴

記者会見する川村遼平弁護士(右)と古川拓弁護士=20日、青森市
記者会見する川村遼平弁護士(右)と古川拓弁護士=20日、青森市
住宅建築・不動産業のハシモトホーム(八戸市)に勤務していた青森市の40代男性社員が2018年、上司のパワハラなどにより、うつ病を発症し自殺したとして、青森労働基準監督署が労災認定していたことが20日、分かった。遺族代理人の弁護士が明らかにし.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録