【参院選青森】立民「死守」、自民「独占」 県政界の行方占う政治決戦

第26回参院選は22日、公示される。現職、新人4人が立候補を予定する青森選挙区(改選数1)では、現職を抱える立憲民主党と新人を擁立する自民党の対決が軸となる。立民は青森県内で唯一の国会議員の議席死守が至上命令。自民は2016年の前回選挙で失.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録