純損益450万円、3期ぶり赤字/三鉄決算

第三セクターの三陸鉄道(岩手県宮古市、石川義晃社長)は20日、盛岡市で株主総会と取締役会を開き、2021年度決算を承認した。新型コロナウイルスの感染拡大や燃料費高騰などの影響に伴い、経常損失に6億9014万円を計上。岩手県や沿線自治体からの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録