【プロ野球】巨人・増田陸「がつがついく」 2点打など7番で存在感

 4回巨人1死二、三塁、増田陸が左前に2点打を放つ。捕手木下=バンテリンドーム
 4回巨人1死二、三塁、増田陸が左前に2点打を放つ。捕手木下=バンテリンドーム
売り出し中の7番打者が連敗ストップに貢献した。17日に22歳になった巨人の増田陸が2点打や得点に絡む盗塁などで持ち味を発揮。チームの課題である下位打線で存在感を見せて「若いのでがつがついくだけ。勢いがいい感じに出ている」と誇らしそうに話した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録