【参院選青森】対決軸の立民と自民 支援組織との関係整備に腐心

UAゼンセン県支部の総決起集会に出席し支持を呼び掛けた田名部匡代氏(前列右から2人目)=写真上=、公明党時局講演会で結束を確認する自公の関係者。右から4人目は齊藤直飛人氏=同下=
UAゼンセン県支部の総決起集会に出席し支持を呼び掛けた田名部匡代氏(前列右から2人目)=写真上=、公明党時局講演会で結束を確認する自公の関係者。右から4人目は齊藤直飛人氏=同下=
参院選は22日に公示を迎える。青森選挙区(改選数1)は立憲民主党と自民党の対決が軸。現職の田名部匡代氏を立てる立民は、組織票が期待できる労働組合と、自主支援を決めた共産党との距離感に気を配る。青森県議で新人の齊藤直飛人氏を擁立する自民は、連.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録