時評(6月19日)

任期満了に伴う六ケ所村長選が投開票され、核燃料サイクル事業に協力姿勢を示す現職の戸田衛氏が大差で3選を果たした。中止を訴える新人候補に対し、推進派の現職が9割超の得票率に上るという従来の形勢は今回も変わらなかった。 村内に立地する事業の要は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録