Free朝のニュースダイジェスト(6月19日)

【フォーラム八戸、9月以降も営業】
 再開発構想が浮上する八戸市十三日町の商業ビル「チーノはちのへ」内の映画館「フォーラム八戸」について、運営会社の八戸フォーラムは18日、チーノが閉館を予定する9月以降も当面、営業を続ける考えを明らかにした。

 【三沢商業が5連覇】
 第38回全国高校簿記競技大会青森県予選会が18日、青森市内で開かれ、県立三沢商業高が5大会連続10度目の団体優勝を果たした。7月25日に東京都内で行われる全国大会に出場する。

 【ニンニクの収穫体験会開催】
 青森県は18日、田子町で無農薬ニンニクの栽培に取り組む宮村祐貴さん(35)のほ場で収穫体験会を開いた。参加者約20人が、畝から次々とニンニクを掘り出し、採れたてのみずみずしさを体感した。

 【サクランボ狩りスタート】
 「果樹の里」として知られる南部町の観光農園で18日、サクランボ狩りが始まった。初日は、早朝から多くの家族連れが訪れ、朱色に輝く旬の味覚に舌鼓を打った。

 【117人の感染確認】
 岩手県は18日、新たに117人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県北地方では、久慈保健所管内と二戸管内でそれぞれ2人の感染が判明した。県全体の感染者数の累計は3万7173人となった。

お気に入り登録