争点判断回避、国を免責 事故後11年、生活復興途上/福島原発事故訴訟

 福島県の避難状況
 福島県の避難状況
東京電力福島第1原発事故の集団訴訟で、最高裁は17日、国の賠償責任を否定した。大津波を国が予測可能だったかの判断を回避して国を免責した決着に、この日を待ちわびた被災者には落胆が広がる。事故から11年が過ぎたが、原発周辺には今も立ち入り禁止区.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録