国責任の否定「残酷だ」 美容室失った原告女性/福島原発事故訴訟

 営んでいた美容室を訪れた深谷敬子さん。変わり果てた店内を見つめ肩を落とした=9日、福島県富岡町
 営んでいた美容室を訪れた深谷敬子さん。変わり果てた店内を見つめ肩を落とした=9日、福島県富岡町
「私の人生はめちゃくちゃになった」。東京電力福島第1原発事故で福島県富岡町から同県郡山市に避難している元美容室経営深谷敬子さん(77)は、穏やかな暮らしとなりわいを奪われた悔しさを胸に訴訟を闘ってきた。その締めくくりとなる17日の上告審判決.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録