原発事故、国の責任否定 津波試算以上、浸水防げず 最高裁が初判断

 最高裁判決後、厳しい表情で記者会見する(前列左から)福島訴訟の中島孝団長、馬奈木厳太郎弁護士ら原告側=17日午後、東京都千代田区
 最高裁判決後、厳しい表情で記者会見する(前列左から)福島訴訟の中島孝団長、馬奈木厳太郎弁護士ら原告側=17日午後、東京都千代田区
東京電力福島第1原発事故で避難した住民らが国に損害賠償を求めた集団訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は17日、国の賠償責任を認めない判決を言い渡した。最高裁として初めての判断。未曽有の原子力災害から11年余りを経て、東電を規制する立.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録