天候不順で数量減、単価高続く/八戸中央卸売市場5月市況

八戸市中央卸売市場が17日に発表した5月の市況概要によると、青果部門の取り扱いは数量6722トン(前年同月比4・7%減)、金額16億6029万円(4%増)だった。天候不順などによる数量減から単価高が続き、金額も伸びた。 野菜は6011トン(.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録