原告側、航空機落下確率の不備指摘/核燃訴訟

核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団(浅石紘爾代表)が、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)などの事業変更許可の取り消しを国に求めた行政訴訟は17日、青森地裁(鈴木義和裁判長)で口頭弁論が開かれた。原告側は新たな資料を提示し、工場に航空機が落下.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録