性被害3割が身体接触 16~24歳、内閣府調査

 若年層(16~24歳)が経験した最も深刻な性被害
 若年層(16~24歳)が経験した最も深刻な性被害
性的嫌がらせや性暴力の被害経験がある16~24歳に最も深刻だった経験を尋ねたところ、28・2%が体を触られるといった身体接触、8・2%が性交を伴う被害を挙げたことが17日、内閣府の調査で分かった。誰にも相談しなかった人も多く、担当者は「全国.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録