【ウクライナ侵攻】仏大統領、対ロ仲介に野心 欧州新秩序主張、反発も

 ウクライナ侵攻を巡るマクロン氏の主な発言(写真はロイター)
 ウクライナ侵攻を巡るマクロン氏の主な発言(写真はロイター)
仏独伊3カ国首脳が16日、ウクライナを訪問した。ロシアの侵攻が長期化する中、フランスのマクロン大統領は対ロ仲介を主導する野心を抱く。ロシアを含めた欧州の新たな安全保障秩序を構築する必要があるとの持論を唱え、プーチン大統領との対話にドイツも巻.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録