時評(6月17日)

気象庁は、局地的な豪雨をもたらす「線状降水帯」の発生予測情報を出すことになった。近年、梅雨の時期などに集中豪雨による被害が相次いでおり、発生が予測できれば早めの住民避難ができる。精度を高め、被害を最小限にとどめる実用的な運用を期待したい。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録